Ubuntu 19.04へのアップグレード

Ubuntu18.04LTSを使用していたが、19.04が出たと言うことで早速アップグレードを試してみた。
ソフトウェアとアップデート画面から、Ubuntuの新バージョンの通知をすべての新バージョンに変更してソフトウェアの更新を行った見たところ、18.10へのアップグレードができるようだ。
なのでアップグレードができる18.10へそのままアップグレードを試してみたところ、、、一通りインストールが終わり再起動したらプロンプトが表示されたまま起動が進まなくなってしまった。

この手順はtensorflowなどを一通り入れてからも、18.04をクリーンインストールした直後でも同じだったので、自分の環境では合わないらしい。
コマンドでアップグレードを行ったところこれはうまく行った。ソフトウェアとアップデート画面からのアップグレードがうまく行かなかったのは単純に途中の質問の答え方がまずかっただけかもしれない。
調子に乗って19.04へのアップグレードも行ったのだが、これもまたうまく行かなかった。

しかしUbunutは安定した環境での利用が前提でインストールしているので、結局は18.04LTSでの使用に戻すことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です